スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルメゾンを上手に咲かせるには??
まるめ

まるめ

まるめ

まるめ

まるめ

まるめ

まるめ


スヴェニール・ド・ラ・マルメゾン Souv. de la Malmaison
ブルボン 1843年

知らない人なんていない、"Queen of Beauty and Fragrance"(美と香りの女王)、マルメゾン。

皆様はどう育てられていますか??

「花が雨に弱くてボーリングしやすい」
「うどん粉になりやすい」

・・そう聞いていたので、昨年までは、玄関前の軒下で、雨をよけて、大事に育てていたのです。
この子にだけ、ホームセンターで買ったスプレーで、余計に薬もまいてあげて・・・。

でもね。それでも、うどん粉はひどいし、葉はなくなるし、花もなかなか綺麗に咲かないし。。

それで・・・。

怒られちゃうかもなのだけど。。

「玄関前に、この子はみっともない」

という、マルメゾンにとっては、とんでもない理由で、今年は、庭に出してしまったの。。^^;

太陽はサンサン。。。
雨もザーザー。。

そうしたら・・・あれ???

葉っぱも元気で、元気に枝を伸ばすんです。
うどん粉も黒点も、ほとんどなしだったのです。
お花も雨の中、ちゃーんと咲くの!!

真夏ですら、花弁がちょっとだけ茶色になった位で、綺麗なクォーター咲きをするのです。

マルメゾンって、猛暑に強く、雨にも負けない子だったの??
それとも、何か、今年はマルメゾンにとって良いことがあったのかしら。。

なぞは深まるばかり。。。

↓クリックお願いします。いつも応援ありがとうございます。m(__)m

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 人気blogランキングへ

ブログランキング

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

tag : ブルボン

Secret
(非公開コメント受付中)

どの薔薇もさ、
手をかけすぎるとドンドン弱くなっていくよね。
子供と一緒かな?
この夏全然手をかけてあげられなかったけど、
一鉢も枯れなかったので
そう思っている私でございます(^u^)プププ
だって、肥料も農薬も一度もあげてないのに枯れないんだもん。
花を咲かせ続けてるんだもん。
薔薇って強いよね!!
我が家のマルメゾンは鉢植えでどの鉢とも同じように育てています。
真夏にも咲いてくれて驚きましたが
木の成長は遅いです。
最初ORなので一季咲きかと思っていたのに良く咲くので驚きました。
咲き始めが大好きです!
過保護メゾン
おおー、マルメゾン。
これもクラクラ度◎。
おらんちのは、過保護メゾンでぱっとせず。
これからは野性児として育てようかな。
ぼのたんさんちにもモンタナがあるんですね。
僕のところもルーベンスとエリザベス、地植えして6、7年、共に10m以上になり、もう老人の仲間入り。
いつぶっ倒れるかわからないので、今年、子孫を残しました。
今、小さな鉢で順調に育ってます。

うちはベランダなので、
雨はあたりにくいので、
雨に関しては、よくわからないけど、
日差しはとっても好きみたい。
日があたらないと、
葉の厚みがなくて、やわやわな葉っぱ、
当たると、しっかりと
革質の葉に。
冷えがきらいなのかな~。
2枚目の写真、すごくいいよね。
この瞬間は短いのに、
刻々と変化する様子がよくわかって、
うれしい^^
美しい!
マルメゾン・・・本当にどの段階でも美しいバラですよね。
我が家でも軒下で大事に育てていたのですがウドンコまみれになってしまったので
思い切って庭の風通しのいい場所に出しちゃたら
ウドンコも治まり、夏の間はとても元気でした。
今、1輪めが咲きだしたところです。
ちょっぴりウドンコは出てきてしまっていますが
今のところ、拭き拭きでなんとかなってます。
でも友達の所はほとんどがボーリングしちゃったようで
一体何が良くて何がいけないのかわかりませんね。
それぞれのお宅でアレコレ工夫の必要なバラでもあるんでしょうね。
私はマルメゾンにツルとブッシュがあることを知らずに購入して
ツルの方を友人に引き取ってもらい、ブッシュを買いなおして育てていてやっとまともに咲くマルメゾンに出会えたので
長い道のりだった分、その開花に感激しています。
バラを育てるなんて
いいですね。
私はバラ園を見てまわるばかりです。

それにしても過保護にするとかえってよくないとは、
不思議なものですね。
こんばんは♪
マルメゾン、村田さんのところで見て、なんて素敵なばらなんだろう...
っと思った子です。でも、あそこではかなり巨木に育っていて、こんなに大きくなるだと躊躇して諦めました。
だけど、こんな美しいのみたらお迎えしなきゃっていう気になっちゃいますね^^
クンタです!! さん(#^.^#)
書き込みありがとうございます♪

わぁぁ、肥料もお薬もなしですか。
私は、勇気がないから出来ないなー。

それでも元気にたくさん咲いているなんて、 クンタです!! さんのお庭は、バラにとって自然の恵みがいっぱいの理想のお庭なのかもしれないですね。

「手をかけすぎると弱い子になる」
「丹精こめたからこその美しさ」
多分、そのどちらもが大切で、私は、そのバランスが、上手く出来なくて、時々失敗しちゃうのかなー・・なんて思いました。

子育てもバラ育ても奥が深いのですね(#^.^#)
ロココたえ さん(#^.^#)
書き込みありがとうございます♪
どの子も同じように・・って、それが大事なのでしょうね。
他の四季咲き性のあるORと比べても、良く咲いてくれる子ですね(#^.^#)

Rockyさん(#^.^#)
書き込みありがとうございます♪
過保護メゾンさん。以外と世間の荒波にもまれても、負けない子なのかもしれないですね。(#^.^#)
10m以上のモンタナ、花のカーテンがさぞ見事でしょうね。

コーラルさん(#^.^#)
書き込みありがとうございます。
そうなのですね。
きっと、太陽の恵みが何よりもの健康の元なんですね。
コーラルさんは、2枚目の頃がお好きなんですね。(#^.^#)
綺麗ですよね。
私は、開ききって、花弁がティッシュのようになった時も好きです。
ドルシュキ さん(#^.^#)
書き込みありがとうございます♪
うふふ。
我が家のメゾンさんの流れと一緒ですね。
おっしゃるとおり、それぞれの環境とマルメゾンの折り合いを、仲立ちしてあげるのが、大切なんでしょうね。
マルメゾンの美しさは、長い道のりも、なんてことないって気持ちにさせてくれますね(#^.^#)
Rockyさん(#^.^#)
書き込みありがとうございます♪
バラ園めぐり、バラ患者の第一症状ですので、悪化にご注意下さいね(#^.^#)
かまいすぎちゃだめ、でも、かまってあげないとそれもだめなんでしょうね。
らっきーkiki さん(#^.^#)
書き込みありがとうございます♪
ごらんになられたのは、もしかしたら、つるタイプのものなのかもしれないですね。
広い十分な場所を与えられると、バラってびっくりの成長をしていますよね。
たわわに花を咲かせている姿を見ると、うっとりしちゃいます。

でも、ブッシュタイプを鉢で育ててると、成長はゆっくりで、背丈も大きくならないですよ。(#^.^#)
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
リンク
メインサイトほか

◆◇◆遊びにきてね◆◇◆















ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

bonotan

Author:bonotan
ちっちゃな庭なのに、誘惑に勝てずについつい増えてしまったバラ達。
香りの高いバラが好きで、重ねの美しい花とその容姿に負けず劣らずの、うっとりの香りに包まれて、幸せになっています(#^.^#)

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。