スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後のセブテンバー・モーン(EHT)
もーん

もーん

もーん

セプテンバー・モン September Morn
アーリー・ハイブリット・ティ ギヨー 仏 1913

嫁いでしまった、マダム・ピエール・ユーラーの枝変りのセプテンバー・モーン。
いつまでもくしゅとしたままでいたのですが、少しずつ少しずつ開いて、こんな風になっていきます。

我が家のバラの中で、最長の花保ちです。
長い間咲いていた後の、夕立ちで、もうだめかなーっと思いましたら、なんと、それでも、花は残っていて、雨を含んだ花の重さで、花下で茎が折れてしまいました。

この花もち、香り、そして開き方は、ユーラーと全く同じです。
でも、花色が違うだけで、こんなにも表情が変わるのが、不思議です。
透明感のある、落ち着いた花色が、我を通さず、廻りに気遣いながら咲いてくれます。

アーリーモダンの花は、魅力がいっぱいですね。

↓クリック応援お願いします

ブログランキング

人気blogランキングへ にほんブログ村 花ブログへ

テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

tag : アーリー・ハイブリット・ティ ギヨー

Secret
(非公開コメント受付中)

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
リンク
メインサイトほか

◆◇◆遊びにきてね◆◇◆















ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bonotan

Author:bonotan
ちっちゃな庭なのに、誘惑に勝てずについつい増えてしまったバラ達。
香りの高いバラが好きで、重ねの美しい花とその容姿に負けず劣らずの、うっとりの香りに包まれて、幸せになっています(#^.^#)

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。