スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルメゾンを上手に咲かせるには??
まるめ

まるめ

まるめ

まるめ

まるめ

まるめ

まるめ


スヴェニール・ド・ラ・マルメゾン Souv. de la Malmaison
ブルボン 1843年

知らない人なんていない、"Queen of Beauty and Fragrance"(美と香りの女王)、マルメゾン。

皆様はどう育てられていますか??

「花が雨に弱くてボーリングしやすい」
「うどん粉になりやすい」

・・そう聞いていたので、昨年までは、玄関前の軒下で、雨をよけて、大事に育てていたのです。
この子にだけ、ホームセンターで買ったスプレーで、余計に薬もまいてあげて・・・。

でもね。それでも、うどん粉はひどいし、葉はなくなるし、花もなかなか綺麗に咲かないし。。

それで・・・。

怒られちゃうかもなのだけど。。

「玄関前に、この子はみっともない」

という、マルメゾンにとっては、とんでもない理由で、今年は、庭に出してしまったの。。^^;

太陽はサンサン。。。
雨もザーザー。。

そうしたら・・・あれ???

葉っぱも元気で、元気に枝を伸ばすんです。
うどん粉も黒点も、ほとんどなしだったのです。
お花も雨の中、ちゃーんと咲くの!!

真夏ですら、花弁がちょっとだけ茶色になった位で、綺麗なクォーター咲きをするのです。

マルメゾンって、猛暑に強く、雨にも負けない子だったの??
それとも、何か、今年はマルメゾンにとって良いことがあったのかしら。。

なぞは深まるばかり。。。

↓クリックお願いします。いつも応援ありがとうございます。m(__)m

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 人気blogランキングへ

ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

tag : ブルボン

スヴェニール・ド・ラ・マルメゾン
まるめぞん

まるめぞん

まるめぞん

Souv. de la Malmaison スヴェニール・ド・ラ・マルメゾン
ブルボン 1843年
シェル・ピンクのクォーター咲きの花
強香
"Queen of Beauty and Fragrance"(美と香りの女王)と呼ばれているそうです。

繊細な重ねの花弁、香り、たよやかな枝、ぽつりぽつりと咲く花、全部が優雅で、儚げで、美人って形容は、このバラのためにあるのねって思います。

ブログランキング

にほんブログ村 花ブログへ

テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

tag : スヴェニール・ド・ラ・マルメゾン ブルボン

ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
リンク
メインサイトほか

◆◇◆遊びにきてね◆◇◆















ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

bonotan

Author:bonotan
ちっちゃな庭なのに、誘惑に勝てずについつい増えてしまったバラ達。
香りの高いバラが好きで、重ねの美しい花とその容姿に負けず劣らずの、うっとりの香りに包まれて、幸せになっています(#^.^#)

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。